« 2013年11月 2日 (土) | トップページ | 2013年11月 4日 (月) »

スミレの閉鎖花(27) エゾタカネスミレ

 今回はエゾタカネスミレV. crassa ssp. borealisの閉鎖花。これも山草店で購入したものです。残念ながら解剖を行ったのは1個しかなく、しかも受粉後かなりたっているものでした。写真 1.〜2.。かろうじて葯の縦裂開がわかる程度でした。それだけではあまりに芸がないので、写真 3.〜6.まで閉鎖花の半割写真を挙げます。オオバキスミレ系と同じく雌蘂は?形で大きな柱頭口が子房方向を向いています。

Img_1730 写真 1.

Img_1731 写真 2.

Img_1583 写真 3.

Img_1586 写真 4.

Img_1605 写真 5.

Img_1726 写真 6.

 たくさん出来る閉鎖花と閉鎖果。写真 7.〜8.

Imgp7255 写真 7.

Imgp7231 写真 8.

 閉鎖花を次々とつけている最中の8月4日になって一つだけ変わった蕾があったので切ってみました。どうやらこれは開放花の蕾のようです。雌蘂の形がまるで違っていました。葯がどうやら4室に分かれているらしいことも見て取れます。

Img_1733 写真 9.

Img_1736 写真 10.

 ついでに開放花由来の果実の写真です。

Imgp6677 写真 11.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 2日 (土) | トップページ | 2013年11月 4日 (月) »