« キバナノコマノツメ(2) | トップページ | シロスミレ »

オオバタチツボスミレ

北海道のスミレのなかで最も大きくなるスミレです。高さは30cm以上、茎だって小指の太さくらいになります。大きな葉のタチツボスミレという名前がついていますがタチツボスミレやオオタチツボスミレなどとは縁の遠いものです。本州ではごく限られたところでしか見る事ができないそうですが、北海道とくに道北にはいたるところにあります。北方系のスミレなのです。
 体にあわせて花も大きくてその青紫ははっとするほど美しい。この写真は全然その色が出ていませんが今年はまた会えそうな予感がするのでその時にいづれまた。
2001年7月
雨竜沼にて撮影。Oobatachitubo_1

|

« キバナノコマノツメ(2) | トップページ | シロスミレ »

植物」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
札幌の小松です。
オオバタチツボは、青山の二番川付近に見事な群落があります。10年以上も休耕地となっている場所ですが、満開時には見事です。
開けた土地ですので、草丈も徒長せず、がっちりとした印象です。

投稿: 小松晧一 | 2006年3月27日 (月) 11時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオバタチツボスミレ:

« キバナノコマノツメ(2) | トップページ | シロスミレ »